メイン画像

ようこそ優洋丸へ

優洋丸について
優洋丸(ゆうようまる)は世界自然遺産の屋久島で運航する屋久島漁協所属の観光遊漁船です。
優洋丸は屋久島で最も漁業が盛んな一湊(いっそう)漁港を基地港としています。
屋久島で豪快な一本釣りやジギングを楽しみたいという方を近海から薩南海域までご案内いたします。
フリープランのご旅行で船釣りを体験したいという方も是非ご利用ください。
地元一湊出身で屋久島の海を知り尽くしたベテラン船長がご案内、サポートいたします。
優洋丸は海上タクシー運航許可を取得しています。島々との連絡手段としてもご利用ください。
お問い合わせ
ご予約等に関するお問い合わせはこちらです。
更新情報
掲載情報:2017/05/15現在

諸元・装備

優洋丸の諸元
★全長12.0m(7.3t) ★最大速力26ノット(550馬力) ★定員15名(乗務員を含む)
主な装備
レーダー・GPS・漁探装備・いけす・キャビン・トイレ・大物巻き上げ機2基・救助用具完備
その他
遊漁船登録済み(保険加入済み)
海上タクシー許可取得済み(旅客定員12名まで)
基地港:屋久島一湊(いっそう)漁港
屋久島漁協組合所属漁船(准組合員)

船長紹介

船長紹介
船長 優洋丸の二代目船長/松田博文(遊漁船業務主任者:講習修了済)一湊在住。
ベテラン漁師であり釣り師でもある。まさに海の男!
屋久島の海を知り尽くしており、いざという時も非常に頼りになる船長です。

船長の一言
豪快な一本釣り・ジギングが楽しめる最高のポイントにご案内、サポートいたします。
屋久島近海での「船釣り体験」は手ぶら乗船もOK! 釣竿・餌は当方で準備いたします。
船長が巨大ウツボを捕まえて新聞に載る!
船長 永田港沖の水深60メートルに仕掛けた網にかかった体長185センチ総重量23キロの巨大ウツボ。それも重さ2キロのコメジロをくわえたまま上がってきた。さすがに餌をくわえたままのウツボの姿に長年漁師を続ける船長もびっくり仰天!島中の話題になり地元新聞のトピック記事で紹介される。

優洋丸

優洋丸 優洋丸 優洋丸
inserted by FC2 system